取らぬカードの皮算用

三国志大戦へたれ君主のブログです。飛天にハマって以来騎馬の扱いヘタなのに使い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頂上対決

今日、公式サイトの頂上を見ていたらSR孫堅入りのデッキが使用されていました。

デッキ構成はSR孫堅 SR趙雲 R孫策 C張松

実はこのデッキ、私が最近考えてみたSR孫堅入りのデッキとかなり近いんですよね。唯一にして最大の違いが(プレイスキルとかは別にして)、SR馬超とSR趙雲の違いです。

この違い、些細なようで物凄い大きいんですよね。
SR趙雲がSR馬超に変わるだけで、伏兵踏み要因が一人減り、序盤の攻防が著しく不利に。その後も、計略が強力なのは良いんですが、選択肢が多すぎていまいちピリッとしない感じで、ぐだぐだになる可能性が非常に高いのです。

伏兵踏み要因として、R孫策→R孫堅なんて一瞬アホな事考えたりしましたが、結局どうにもならずお蔵入りになった次第。

さてさて、そんなへっぽこ話は良いとして、今回の頂上を見て、改めて気付かされました。
プレイングスキルというのは、連突や手動車輪なんかじゃない、ということを。
もちろん、それらのスキルも重要です。ですが、何よりも大事なのは、各カードの歯車をガッチリ噛み合わせることなんですよね。
それが出来て初めて手動車輪、連突といった技が生きてくるわけです。

いや、基本なんですけどね。最近の私は忘れていたなぁ。と。何かと言えば各カードの操作に必死になって、狭い視野しか持てなかった。
より広い視野を持ち、カード全体(もちろん、相手カードも含めて)の歯車を噛み合わせることこそが一番重要なんです。

と、いうわけで、次回やる時はそこら辺に気をつけて大戦してきます。
一度落ちた身、丁度良いので初心に帰ることに致します。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/01(火) 01:52:03|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新C,UCデッキ | ホーム | また降格…>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://serenyuru.blog18.fc2.com/tb.php/30-7939b33e

葉桜

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。