取らぬカードの皮算用

三国志大戦へたれ君主のブログです。飛天にハマって以来騎馬の扱いヘタなのに使い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1.5コスト限定戦

120円で買った飛行機が思いのほかよく飛んでご満悦、こんばんは、葉桜です。

さて、1.5コスト5枚限定の大会が始まりますね。
まぁ1.5コストカードだけの構成であれば別に1枚でも構わないみたいですが、そんな物好きはほっときましょう。

そんな訳で、今日は1.5コスト限定戦で流行りそうなデッキやカードを各勢力ごとにピックアップして行こうかと思います。


まずは魏。
魏の1.5コストと言えば現verで猛威を振るうUC荀攸でしょう。
荀攸入りのデッキは非常に多くなることが予想できるので、参加される方は対策を考えた方が良いかと思われます。
1.5オンリーだと対策も難しいですからね。

また、凶悪妨害計略No1、魏が誇る高レート女性カード、SR王異も選択肢に。ただ、高コストカードを抑える性質が強いので今大会では微妙かも。

R曹仁。士気3の全体強化は、武力も似たり寄ったりなこの大会で、序盤を制圧する決め手になり得る。
その手軽さとコストパフォーマンスから、魏入りのデッキであれば入れて損なし、といった感じでしょうか。

そして忘れちゃいけない旧SR徐庶。雲散系は入れられないと思って隙なきや桃園なんぞを入れようものなら最後、こいつ1人で全ての計算が狂います。
1.5にも全体強化は結構いるので意外と入れて損なし。おススメです。反計ないと思ってる相手に意表をつくなら、旧SR郭嘉、旧R李典もアリ。大会中は戦器効果なしなので排出停止カードをうまく使えると面白いでしょう。

番外編としては、旧C甄皇后で無理矢理飛天。
私のような飛天バカはもとより、飛天刹那、飛天大水計の凶悪さを考えると普通に選択できそうな気がしなくもない。でも多分気がするだけw


刹那、水計入りは王道の一言。
その2枚にSR徐庶とC甄皇后を入れれば飛天を舞う価値は十分にあり。



次は呉。
呉の1.5と言えば大分アレだったりしますが、とりあえず。

まずはR孫権。
SR曹操、SR劉備の3英傑の中で唯一参加が許された呉の名君。天に召された(不参加の)父と兄の想いを次ぐ事が出来るのか?
呉単で組むなら最優先でチョイスしたいカードです。

また、1.5コストでは数少ない超絶強化の使い手、C陳武も欲しい一枚。
周泰の代わりに意地を張れ!!

知力8の火計は今なお健在。旧R馬周瑜もアツい。
呉では補給のしにくい馬成分も多分に含まれております。

2色で行くのであれば、教え阿蒙のUC呂蒙。
リアルに武力40を超える彼を止めるのは、1.5限定では非常に難しいです。ダメ計も教えが掛かっている内に攻め込んでしまえば問題なし。

呉単で組むのであれば、旧R孫尚香も選択肢に含まれるかも。


呉単は厳しいものがありますが、呉他デッキの教え阿蒙は今大会の台風の目になりうるポテンシャルを秘めています。


次は蜀ですか。

とりあえず入れようぜ、のSR諸葛亮。
1.5コスト限定戦では1枚掛けがかなり使えそうですが、3枚なんかは微妙そう。素の武力が低いと回復が意味なさげです。

鬼号令、R劉備。
ダメ計がないデッキであれば恐らく余裕で蹂躙できます。法正、諸葛亮、ホウ統、黄月英などで固めるとダメ計すら怖くない鬼デッキが。
開幕が非常に危ういですがw

R魏延。
超絶強化がどうの、というより、武力6騎馬の存在は非常に心強い。
桃園と組ませる際には誤爆にご注意。

UC周倉。
UC張飛の代わりに回れ、回れ、なおかつ回れ。
計略自体の能力が非常に優秀なので選択して損はない1枚です。

黄月英(どちらも)
UCであれば桃園と組ませて忠義桃園が必殺の一手。月英の攻城までつながれば勝負は決まったの一言。
SRであればホウ統と組ませるのが吉か。

R徐庶
止めるべき1枚、というのが中々ない今大会において、R徐庶は微妙かも知れない。しかし、ただの高知力騎兵として桃園に組み込むなら十分に選べる範囲。教え阿蒙なんぞと当たった場合用に落雷を残しておく価値も十分にある。

SRホウ統
4枚以上に二度掛けが決まれば勝負は決まりです。伏兵を解除されないように守りきることができれば勝利はすぐそこに。


蜀の1.5は非常に優秀なカードが揃っていますね。
おススメデッキはUC月英とR劉備の忠義桃園。私も使いそうだ。


お次は西涼。

まず挙げたいのがUC馬騰。
というかこの大会自体が馬騰ゲーになる気がしてならない。


おススメデッキ?馬騰一択でしょう。


最後に袁。

隙なきR田豊はじめ、袁軍の最強デッキ中4枚が使用可能なのは強み。
顔良枠は馬なら紀霊、槍なら断末魔、弓ならトウトツ。というかその3枚しか選択肢がない。
……あぁ、大将軍?え?入れたいの?


おススメデッキというか何と言うか、涼とは違う意味で一択ですね。
ただし、隙なき撤退の凶悪さはそのままなので現実的に強いです。
荀攸、馬騰相手だと攻城もままならなそうですが。


と、こんな感じでしょうか。…え?他軍?あ、忘れてた…。
しかし現実的に辛いですね。
教え白馬陣くらいでしょうか。
他単ではどうにも足並みが揃いにくいと思うので、2色で組ませるのが良いのではないでしょうか?


と、いう訳で、現実的には馬騰、荀攸をどう止めるかが一番の鍵になりそうな今大会、皆さんも白馬将軍目指して頑張って下さいね。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/25(水) 02:38:35|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

葉桜

09 | 2006/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。