取らぬカードの皮算用

三国志大戦へたれ君主のブログです。飛天にハマって以来騎馬の扱いヘタなのに使い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1.5コスト限定戦結果。

不参加。



……仕事のバカ……。


ちなみに参加予定だったデッキは↓


R馬周瑜 Cとーしゅー UC教え UC阿蒙 UC白馬陣


とーしゅー→陳武でも良かったかな。
いや、もう使う機会ないけどさ……
スポンサーサイト
  1. 2006/10/30(月) 01:36:49|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1.5コスト限定戦

120円で買った飛行機が思いのほかよく飛んでご満悦、こんばんは、葉桜です。

さて、1.5コスト5枚限定の大会が始まりますね。
まぁ1.5コストカードだけの構成であれば別に1枚でも構わないみたいですが、そんな物好きはほっときましょう。

そんな訳で、今日は1.5コスト限定戦で流行りそうなデッキやカードを各勢力ごとにピックアップして行こうかと思います。


まずは魏。
魏の1.5コストと言えば現verで猛威を振るうUC荀攸でしょう。
荀攸入りのデッキは非常に多くなることが予想できるので、参加される方は対策を考えた方が良いかと思われます。
1.5オンリーだと対策も難しいですからね。

また、凶悪妨害計略No1、魏が誇る高レート女性カード、SR王異も選択肢に。ただ、高コストカードを抑える性質が強いので今大会では微妙かも。

R曹仁。士気3の全体強化は、武力も似たり寄ったりなこの大会で、序盤を制圧する決め手になり得る。
その手軽さとコストパフォーマンスから、魏入りのデッキであれば入れて損なし、といった感じでしょうか。

そして忘れちゃいけない旧SR徐庶。雲散系は入れられないと思って隙なきや桃園なんぞを入れようものなら最後、こいつ1人で全ての計算が狂います。
1.5にも全体強化は結構いるので意外と入れて損なし。おススメです。反計ないと思ってる相手に意表をつくなら、旧SR郭嘉、旧R李典もアリ。大会中は戦器効果なしなので排出停止カードをうまく使えると面白いでしょう。

番外編としては、旧C甄皇后で無理矢理飛天。
私のような飛天バカはもとより、飛天刹那、飛天大水計の凶悪さを考えると普通に選択できそうな気がしなくもない。でも多分気がするだけw


刹那、水計入りは王道の一言。
その2枚にSR徐庶とC甄皇后を入れれば飛天を舞う価値は十分にあり。



次は呉。
呉の1.5と言えば大分アレだったりしますが、とりあえず。

まずはR孫権。
SR曹操、SR劉備の3英傑の中で唯一参加が許された呉の名君。天に召された(不参加の)父と兄の想いを次ぐ事が出来るのか?
呉単で組むなら最優先でチョイスしたいカードです。

また、1.5コストでは数少ない超絶強化の使い手、C陳武も欲しい一枚。
周泰の代わりに意地を張れ!!

知力8の火計は今なお健在。旧R馬周瑜もアツい。
呉では補給のしにくい馬成分も多分に含まれております。

2色で行くのであれば、教え阿蒙のUC呂蒙。
リアルに武力40を超える彼を止めるのは、1.5限定では非常に難しいです。ダメ計も教えが掛かっている内に攻め込んでしまえば問題なし。

呉単で組むのであれば、旧R孫尚香も選択肢に含まれるかも。


呉単は厳しいものがありますが、呉他デッキの教え阿蒙は今大会の台風の目になりうるポテンシャルを秘めています。


次は蜀ですか。

とりあえず入れようぜ、のSR諸葛亮。
1.5コスト限定戦では1枚掛けがかなり使えそうですが、3枚なんかは微妙そう。素の武力が低いと回復が意味なさげです。

鬼号令、R劉備。
ダメ計がないデッキであれば恐らく余裕で蹂躙できます。法正、諸葛亮、ホウ統、黄月英などで固めるとダメ計すら怖くない鬼デッキが。
開幕が非常に危ういですがw

R魏延。
超絶強化がどうの、というより、武力6騎馬の存在は非常に心強い。
桃園と組ませる際には誤爆にご注意。

UC周倉。
UC張飛の代わりに回れ、回れ、なおかつ回れ。
計略自体の能力が非常に優秀なので選択して損はない1枚です。

黄月英(どちらも)
UCであれば桃園と組ませて忠義桃園が必殺の一手。月英の攻城までつながれば勝負は決まったの一言。
SRであればホウ統と組ませるのが吉か。

R徐庶
止めるべき1枚、というのが中々ない今大会において、R徐庶は微妙かも知れない。しかし、ただの高知力騎兵として桃園に組み込むなら十分に選べる範囲。教え阿蒙なんぞと当たった場合用に落雷を残しておく価値も十分にある。

SRホウ統
4枚以上に二度掛けが決まれば勝負は決まりです。伏兵を解除されないように守りきることができれば勝利はすぐそこに。


蜀の1.5は非常に優秀なカードが揃っていますね。
おススメデッキはUC月英とR劉備の忠義桃園。私も使いそうだ。


お次は西涼。

まず挙げたいのがUC馬騰。
というかこの大会自体が馬騰ゲーになる気がしてならない。


おススメデッキ?馬騰一択でしょう。


最後に袁。

隙なきR田豊はじめ、袁軍の最強デッキ中4枚が使用可能なのは強み。
顔良枠は馬なら紀霊、槍なら断末魔、弓ならトウトツ。というかその3枚しか選択肢がない。
……あぁ、大将軍?え?入れたいの?


おススメデッキというか何と言うか、涼とは違う意味で一択ですね。
ただし、隙なき撤退の凶悪さはそのままなので現実的に強いです。
荀攸、馬騰相手だと攻城もままならなそうですが。


と、こんな感じでしょうか。…え?他軍?あ、忘れてた…。
しかし現実的に辛いですね。
教え白馬陣くらいでしょうか。
他単ではどうにも足並みが揃いにくいと思うので、2色で組ませるのが良いのではないでしょうか?


と、いう訳で、現実的には馬騰、荀攸をどう止めるかが一番の鍵になりそうな今大会、皆さんも白馬将軍目指して頑張って下さいね。
  1. 2006/10/25(水) 02:38:35|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これはこれで納得が行かない

子供達に混じってゴーカートで遊んできました。大人が乗ると重さのせいかあんまりスピード出ないですね。こんばんは、葉桜です。

さてさて、今日も行ってきました。…って、まぁ今日「も」って言えるほど行けてないんですけどね。
最近のペースとしては週に2,3回程度でしょうか。
学生の頃は金さえあれば毎日行ってたのになぁ。

ではとりあえず、今日のお話を。
屍飛天に乗り換えた頃は11州の6割程度(砦攻略済み)だったのですが、乗り換えてから2連勝で制圧戦へ。1戦目で桃園に負け、本日は制圧戦の2戦目から。

こちらは前回と同じく屍飛天。

SR孫堅 R曹仁 R楽進 UC姫 UC韓当 C呉景

初戦。
相手は蜀呉型の屍目覚め。

デッキ組む時から、蜀呉型の屍が一番の敵だと思っていたので、早くも試練の時。…って、このデッキを使い始めてから試練の時多いですね。

地形が真ん中森。真ん中悪地形とかホント苦手なんですけど、どう攻めれば良いんでしょう?

序盤はお互い逆サイドに布陣し、そのまま攻め込んできた相手をこちらが止めに走る展開に。攻城力が違うから逆を選んでしまうとキツいですね。
城壁に一発入れらますが、序盤に相手のパパを潰せたので、一方的な屍を撃つことができ、殲滅。こちらも一発返したところで相手兵法再起。

序盤はゲージの見た目的には五分。兵法と士気5の差であればほぼイーブンでしょう。

その後、中盤、終盤ともに

屍→目覚め VS 屍→刹那号令

の対決が行われた訳ですが、うん、どっちも余裕で押し負けました。

結局ぐるぐる回る人相手に何も出来ないのは馬多めデッキの仕様です。
乱戦力の違いも致命的ですね。

まぁやり方はあったんでしょうが、経験不足ということで。

結局制圧戦に入ってから2連敗。既に後がないです。

気合を入れなおし、1戦目。

魏蜀型の謎デッキ。

SR賈ク R張コウ Rペンギン R馬超 R黄忠

……狙いがわからないことほど怖い事は無い訳ですが、うぅん。一応どっちの計略使ってもペンギンコンボは狙えるのかな?

とりあえず素のUC姫様がR馬超を一騎打ちで撃破とかミラクルを起こしたりしながら無難に勝利。

2戦目。神速デッキ。

飛天を舞ってから暴れるパパは恐怖の一言だったでしょう。
張遼を撃破し、悠々と屍を打ったりして勝利。

3戦目。魏単デッキ。

LE司馬仲 SR関羽 SR張春華 R楽進 UC荀攸

豪華な夫婦がちと怖いですが、槍がいなければ問題ないです。

序盤は適度に押し込めて、嫁の方は楽進が踏むも旦那は発掘できず。
最初のぶつかり合いで城に引っ込んでいた姫が舞い、そのまま押し込もうとすると相手が鬼神降臨。

張り付いていた楽進が撤退するも、孫堅で適度に威嚇しつつラインを下げ、深追いしてきた関羽の武力が戻ったところでとどめを刺し、一旦戦力を整えます。

中盤、相手がラインを上げてきたので、弓&姫ラインまで水計範囲が届かない内に、ということで孫堅、曹仁、楽進を前に出すと予定通り大水計が。そして楽進はともかく、曹仁が予想外の撤退。
曹仁ってそういや知力6だった…。
まぁとりあえず雲散の心配がなくなったので屍を撃ち、どう考えても弓2枚じゃキツそうだったので連環を叩きます。

オーラなしの騎兵へのダメージ量は結構尋常じゃなく、頑張って逃げる騎兵を余裕で射殺し、攻城へ向かうと旦那の方を呉景が踏みます。すっかり忘れてましたが、問題なく蹴散らすと相手兵法再起。
さすがにキツいので攻城を諦め城へと戻ります。

再び戦力を整え、最終局面へ。
不用意に荀攸を前面に出してきたので、飛天状態の騎馬二人で後ろを取って、まずは不安その1を排除。
中央までラインを上げたところで屍を撃ち、嫁が戦場に出ていない内にと押し込むと騎馬二枚を惇兄が睨んでくれました。
ハイハイ、と刹那を打って撃破。
旦那も撃破し、のこのこ出てきた嫁も撃破。バラけて張り付くと鬼神降臨。

武力34の高速騎兵は恐ろしいですが、城門、城壁の両端に張り付いている3枚を1枚で止めるのは無理な話で、攻城が入り勝利。


と、いうことで制圧戦突破したわけなんですけども。
そりゃ嬉しいんですけどね。
大戦2になってから飛天挑発を使い続けてきた身としては、納得の行く動きも別にできていないのに勝ててしまうのに若干不満が。


…結局デッキパワーなのかなぁ、と思ってしまう昨今なのでした。
  1. 2006/10/22(日) 23:32:33|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予想以上

高武力勇猛持ちが相手にいると凄い勢いでそいつと一騎打ちが発生します。リアルで逆勇猛を持ってる私が持ちこたえられるはずがありません。こんばんは、葉桜です。

さてさて、本日は早く仕事を切り上げることができたので、前回言っていた強いかもデッキを試してきました。

まずは3色飛天で軽く腕試し。最近の使用率を見るとこっちがメインデッキな気がしてならないw

で、×○×。万全の状態で、八卦3枚掛け如きに双弓麻痺矢と他二人があえなく散る姿を見て思う。

このデッキ駄目だわ(遅)

号令系相手にするとどうしようもないですねw
まぁ、最初っからネタまみれのデッキに勝率を求めるのが酷な話なんですが。

で、新デッキを試してみたんですが、結果から言うと○○×で、2勝1敗。SR呂姫ひいちゃったんで撤退したのですが、正直強さとしては予想以上の出来栄え。一敗の方も、攻城止めに出たはずの曹仁が攻城中の敵を通り越したせいでの敗北なのでデッキ的には勝ててましたし。

っていうか私、最近凡ミスが多すぎなんですがw
計略誤爆率がエラい事にw


あ、そうそう。新デッキの話でしたね。
えぇと、そもそもの、デッキ組んだきっかけというのは仕事中、「あれ?飛天中の屍って強そうじゃね?」という着想から。

そのまま仕事しながら、1.5コスに曹仁入れれば孫堅撤退させずに騎馬単とやれるし、単純に屍+刹那でも桃園、天啓に対抗できるしイケそうだなぁ、とか、残り3コスは飛天的に楽進は最低限必要で、屍としては弓マウント要員が2枚は欲しいからコス1から3枚だなぁ、とか色々考えてました。

で、結局その論理で出来上がったデッキがこちらです。

SR孫堅 R曹仁 R楽進 UC蔡文姫 C呉景 C韓当

まぁ屍入れちゃっただけで鬼強くなるのは仕様です、と言われればそれまでですが、相手にあわせた兵法、計略選択という意味では結構テクニカルかも。
屍に入れれば武力9の騎兵が出来上がるので、飛天を舞う、舞わないという選択もシビアに考えていかないとマズイですね。

飛天なのに中武力騎兵が2枚だけ、という辺りに、若干難を感じますがw

で、いざ全国でやってみると、さすがC。呉景と韓当の戦器は取得済みだったようで、いきなり孫堅以外全員戦器持ちの状態でスタートw

まずはR周瑜入りの推挙進撃と対戦。影薄いけど手腕もいますね。

槍がカン沢1枚なら間違いなく飛天の出番です。

飛天中の屍に対抗して進撃を使ってきますが、1回呉景に突撃した所で楽進と曹仁で包んで乙。
堕ちるの早!!屍強!!

2戦目、全突デッキ。
飛天挑発は騎馬単が得意だったのですが、今回のデッキは厳しそうだと考えていたので早くも試練の時。
特に全突はヤバそうなんですよね。

結果としては勝ったけど、ネクロマンシーが蔡ヨウばっかり復活してくれたおかげな気がしてならないw

相手が孫堅から逃げ回ってくれたのも良かったですかね。まぁ包みに来たら即屍の体勢で動き回ってたんですが。


3戦目、桃園Wライダーもどき
R劉備 R馬超 SR趙雲 UC張飛

全突に桃園、と試金石的なデッキとうまくカチ合うなぁ、と思いつつ開戦。
やっぱ3兵種のバランスが取れてる上に柵があると序盤がやり易いですね。
うまく立ち回り、再起を使わせることに成功。


…って、桃園で再起って弱気だなぁ。

とりあえずアドバンテージゲット。

その後も適度に攻め込む事に成功し、楽進で城門ノックをもぎ取ります。

で、コス1の3部隊が撤退して孫堅、姫、曹仁で第二波を。
ここで第一の分岐ポイント。
止めに出てきた相手を蹴散らそうと刹那をかけたところで桃園。
→(;´Д`)

刹那やめといてギリギリまで堅で粘って2枚屍の方が正解でしたね。
と言うか、攻め込まずにちゃんとインターバル取っとけば良かったかな。

結局孫堅と姫が蹴散らされて、曹仁も追われながら逃げ帰ります。逃げる途中に、こちらも兵法再起を使用。

で、曹仁は逃げ切ったのですが、そのまま攻城に向かってくる馬超と趙雲。しかし張り付いたところで桃園が切れ、十分抑えられる状態に。

こちらも姫と堅以外は復活しているので、何とか凌げそうです。
城門の馬超のゲージが溜まりきる直前に曹仁が間に合い、万事解決。
……と、思いきや、馬超を通りすぎて前へ出る曹仁。慌てて戻しますが時は戻らず、攻城が通ってしまいます。

結局そのまま楽進と馬超の差で敗北。

勝てたのになぁ…。


と、まぁそんな訳でしばらくこのデッキやり込んでみようかな、と思ってます。
基本的には飛天+屍か、飛天か、屍かの3択になるんですが、結構それだけでも融通が利くので、慣れてくればあらゆるデッキと五分以上に戦えそうです。

…でも屍+刹那号令って白夜さんのデッキにあったような……

いやいや、パクリじゃないです!パクリじゃないですよ!?w


あ、そう言えば決意表明とか言ってたの忘れてました。
そちらはまた次回、で。

ではでは~。
  1. 2006/10/19(木) 02:28:28|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

強そう

右眉毛の眉間側に固まって3本くらい白髪がありました。何か眉整えるの失敗した人みたいに見えた。正直二日続けて毛ネタというのはどうかと思います。こんばんは、葉桜です。

地味に日曜日も大戦やってたのでその日のお話を。

何か予想以上に調子良いな、と思ってる悶絶!3色飛天デッキで全国へ。結果は××○×といつもの如く大敗だった訳ですが、デッキ相性が悪くなければ普通に強い気がしてならないです。
ラグ次第でボロ雑巾のようになれるのはこのデッキというか、飛天自体の特徴なんでしょうがないですしね。
まぁ趙雲と馬超が相次いで撤退した時点で落城覚悟せざるを得ないという点では普通の飛天より恐ろしいですがw
甘寧1人じゃさすがに3枚以上は抑え切れませんからねw

まぁ逆にこっちがホスト取っちゃえば全然問題ないんですけどね。
槍ギリギリまで攻め込んで退かせない、槍兵フィッシングとか凄い楽しいですしw
というか、ラグでも同じタイミングでフィッシングしようとするからばかすか迎撃取られちゃうんですよねw
ちゃんとラグ意識して立ち回るようにしないと。

で、ちなみに1勝と言うのが珍しく飛天対決でした。
2になってから2回目かなぁ。

相手のデッキは

UC姫 R曹仁 SR賈ク UC曹洪 C満寵 UC曹彰

と、魏単飛天ながら兵種バランスの取れたデッキ編成です。

中武力の槍2枚とか普通に悶絶しかねないのですが、幸いホストが取れたようで、面白いようによく釣れます。

弓さらって槍連れればやりたい放題ですね。賈クもしっかり趙雲で踏んで、神速戦法まで使いそれなりに押し込むも、連環の小計を3人が喰らって攻めきれず、逆にカウンターを受ける格好に。

壁際を賈クが攻め上がりますが、さすが趙雲先生。連環を振り払い賈クへと走り始めました。
と、そこで相手が兵法連環。正直この瞬間勝ったと思いました。
飛天対決は日和った方が負けるんですよ。
まぁ騎兵2枚で神速攻勢というのも微妙ですけどね。
で、まぁすかさず神速の大攻勢を撃って、問題なく賈クを止め、城門へ向かっていた曹仁だか曹洪だかは馬超で対応。

カウンターも防ぎ、しっかり休めておいた姫を士気5溜まったところで即座に踊らせます。まぁあと士気1溜めたらMAXなんで即踊る以外選択肢ないんですけどねw

相手陣も飛天を舞い、アツい戦いが始まりますが、そもそも基本武力が違います。刺さりさえしなきゃ負けませんね。こちらは全員生存。残った曹洪と姫も白銀で片付けて、数発攻城。

あとはそのまま敵陣で立ち回り、判定勝利。

終盤ほぼ逆転不可能な状況になったのですが、最後まで諦めずに戦ってくれたのが嬉しかったです。


私なんか槍単相手に序盤押し負けるとそのまま城に篭っちゃうからなぁ。相手のデッキによっては最後まで諦めずに全力を尽くすんですけども…。いや、デッキ相性次第で機嫌が上下してしまうというのは未熟な証拠なんですけどね。


その後メインで1戦して、槍単に負けたところでSR周瑜を引き終了。

HITENデッキはSR趙雲がスキャンダル発覚によって脱退してしまったのでどうしようか考え中ですw


……あ、今日のタイトル、新デッキ案の話の予定だったのに思ったより長引いてしまったので次回で。

ついでに決意表明的なものも行う予定であります。
せっかく大戦やってブログまで書いてるんだから目標くらい作った方が楽しめるかな、とw

ではでは、また次回。
  1. 2006/10/17(火) 01:09:30|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うへぇ

何気なく鏡を見たら耳たぶにまつ毛が付着していたので取ろうと思ったら取れません。何かと思ったらガチで耳たぶから生えてました。エラいショックを受けた。こんばんは、葉桜です。

さてさて、平日結構更新してたのに金土と更新できなかったのは、何ていうか例の件の結末が結構ショックだったんですよね。
まぁ本人の決断ですし、どうこう口出しできる身分じゃないのですが、また気が向いたら帰ってきて下さいね。あんまりコメントとか残してませんでしたけど、いつも楽しみにしていましたので。

と、ゆー訳で、えっと、HITENデッキを試した日のお話でもしましょうか。

土曜日、お祭りへ行き鮎の塩焼きを食べ、ご満悦気分で帰りに大戦へ。

まずは、三色悶絶飛天をメインICで。
とゆーか、そもそも所詮州な訳ですから、お試しデッキとか別にメインでやろうと変わりゃしないんですよね。むしろ低州のが上手い人と当たる可能性が高いw

ちなみに、デッキ詳細は、
SR馬超 SR趙雲 R甘寧 UC蔡文姫
です。

結果の方は、○×で一勝一敗。普通に一勝できたw
まぁ相手が槍2弓3の呉単だったからなんですけどね。相性勝ちってヤツでしょうか。3色で相性とか良くわかりませんが、趙雲も含めて3枚とも超絶強化みたいなモンですから、単発で使ってもホント問題ないんですよね。全ての士気を効果的に使うのは不可能にもほどがありますけどねw

全員場にいない時とか蔡文姫しか場にいない時とかは士気が無駄になっちゃいますが、何ていうかその時点で既に負け確定ですしw

ちなみに、二戦目は前ver型の蜀単大徳。C超回復とか久々に見ました。
デッキ運用も前verとほとんど一緒。いや、これやっぱ弱体化してねーよ、とか思いながら蹂躙されましたw
甘寧さん1人でどうにかなる人数じゃなかったですw


さて、その後は…







「ここにいるぞぉっ!!」

20061012233559.jpg






…自己主張激しいな、コイツ(;´Д`)

えぇと、うん、まぁ、例のHITENデッキで戦ってきました。
軽く説明すると、まぁ見た者全てを呪う地獄の人文字、HITENを描くデスメタルなデッキですよ。
四苦八苦した挙句に誕生した人文字がこちら。






20061012232727.jpg20061012233559.jpg20061012232425.jpg20061013000544.jpg20061013001633.jpg



そして全国へ。まずは順番にカードをセットして…よし、OKだ!

そしてできた写真がこちら。

HITEN.jpg



ちょっと見難いでしょうか?
えっと、この画面では登録順と逆に並ぶんですねorz
…ん?相手側からだとこれで合ってるのか?よくわかりませんがw

なんていうか、5枚目が2列目行っちゃうのも手痛いミスですな。



「待ってくれ!!皆!!問題点はそこじゃない!!」


20061016012137.jpg





……え?李典?


「俺達はとんでもない思い違いをしていたのかも知れない……」




な…何のことだ?



「いいか?まずこのSR趙雲を見てくれ」



20061013001633.jpg




ふむふむ?




「そしてこれが拡大化したNの字だ」







ん?何が言いたいんだ?





「よし、今度はわかりやすくなるように並べてみよう」



20061013001633.jpg 



………いや、見事なNの字じゃないか……ん?なッ!!こッ!!これは……ッ!!!



「そう!!SR趙雲とNの字では、斜線の位置が逆だったんだよ!!!!」


20061016012137.jpg





な、何だってーー!!!?




「恐らくこの問題は、管理人の葉桜が常日頃から、アルファベットの大文字の中でNが一番難しい、などと言っている極度のN斜線位置限定の痴呆が原因で産まれ………」




いや、その説明はしなくて良い。


とゆーことで、趙雲逆でしたorz



あ、ちなみに結果の方は0勝2敗でした。挑発も持ってない低武力槍兵じゃ連突の足がかりにすらなりませんでしたねorz

挑発も弓兵もいない飛天デッキでやってる人とかどうやってるんでしょうか。…ん?さすがにそんなデッキ使ってる人はいないのかな…。
いや、もしいれば是非とも槍兵への対策を教えて下さいなw

[うへぇ]の続きを読む
  1. 2006/10/16(月) 01:52:03|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

で、出た~!!

斉藤と斎藤と齊藤、渡辺と渡邊、阿部と阿倍……色んな言葉があって豊かな表現が出来るのは日本語の美点ですがね、名字くらい統一しようよ。お陰で日本の総理大臣は?なんて一般常識問題でしくじりました、こんばんは、葉桜です。


さてさて、本日は以前より宣言していた地獄の人文字、H・I・T・E・Nデッキを考えてみましょう。…あれ?ここでは宣言してなかったんでしたっけ?ん、まぁ良いです。要は人文字っぽいカードでH・I・T・E・Nを組んでみよう、と。

さて、まずは飛天なんで、UC姫から見てみましょう。

20061012232425.jpg


おぉ、さすが姫!!見事なTの字です!!
しかもど真ん中、クラウザーさんの位置ですねw

Hは……まぁこの人で決まりでしょう。

20061012232727.jpg


よし、飛天とも相性抜群だし、頼むぞ、カミュ様!!

「この程度じゃ左目のうずきが治まらねぇ!!」


…うるさいカミュ様だなぁ…


I はまぁ、結構どうにでもなるんで後に回しましょうか。

えぇっと、次はEですね。


………ってE!?

Eなんていないよバカぁ!!




「ここにいるぞぉっ!!」



20061012233559.jpg





うっさいバカ!!

お前それ言いたいだけちゃうんか、と。全然Eっぽくないよ!!






「きひひっ!!オラの出番だな!!」



ん?お前は…?


20061012234023.jpg



おぉっ、帯来洞主!!やるじゃないか!!見事なEの字だ!!



……って逆だバカぁ!!!


うぅ…さすが低知力……。
まともなEの字はいないのか…



「やれやれ…手を貸すつもりはなかったのだが……」


…ん?誰だ?


20061012235049.jpg



徐庶!?



…って、お前はどう見ても「F」だろうが!!


……やっぱEはいないか…そうだよな…人間の体が自然な動きでEになるとかあり得ないもんな……


「ちょっと!私を忘れているんじゃない?」


…え?



「一気に攻めるのよ!!」


20061013000544.jpg



か、夏候月姫!!


さすが人気女性カード、見事なEの字です。クラウザー様2号として姫の相方をお願いしましょう。


Nは…いくらネタデッキとは言え、せめて2色にしたいが…魏か蜀にいないか……?




「何人の刃も、我が懐には届かせぬ!!」


そ、その声は…!?




20061013001633.jpg



SR趙雲!!
人馬一体と化してNになるなんて、やるじゃないか!!



さて、残ったIだけど…余りは1.5コスか……
ほぼ曹植で決まりかと思ってたけど1.5じゃなぁ…
誰かいるかな……おぉ、荀攸にしろ曹彰にしろ、Iっぽいヤツ結構いるな。よし、じゃぁここはくじ引きで決めてみようか。



…ん~、よし、こいつだ!!


えっと…こいつは……









20061012233559.jpg



「ここにいるぞぉっ!!」




お前かよ!!(;´Д`)


[で、出た~!!]の続きを読む
  1. 2006/10/13(金) 00:35:14|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

つれづれと

『R周泰の排出率』ってなんだw そんな記事書いた覚えがとんとないのですがw 今月のステキサーチワードに早くもノミネートされました、こんばんは、葉桜です。

こんな短期間に更新しまくって自分でもびっくりです。忙しいのは変わりないんですが、いい加減慣れてきたってことでしょうか。

まぁ書きたいことがあるから更新してるだけなんですけどね。

さて、明るく始めといてアレなんですが、本日の更新は少し愚痴っぽいことになるかも知れません。愚痴っぽくなくても多分読む人によっては不愉快になるだろうネタです。

それでも良いって方は続きからどうぞ御覧下さい。


まぁ『お前のブログは普段から不快じゃボケェ!!』とか言われたら元も子もない訳ですがw

ちなみに、何か馬鹿っぽい記事が読みたいって方は一つ下の記事とか見てって下さいね。3色飛天デッキ、アツいですよw

[つれづれと]の続きを読む
  1. 2006/10/11(水) 01:02:32|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

悶絶!!3色飛天ケニア(もどき)

ちゅっす。やっぱ蜀ダメだ。こんばんは、葉桜です。

今日は軽い挨拶ですが心境はガチです。もともと好きじゃなかった蜀がホント嫌いになってきました。いや、前verでおかしいのは良いじゃないですか。そういう時代が来るのはしょうがない話ですよ。魏だって呉だってありましたし。
でも修正したのにアレってどういうことですか。何で張飛はあんなに強いんですか。

よし、愚痴終わり!!
ではでは、今日は先日言ってたデッキを試してきたのでそのお話を。

まずは悶絶!!三色飛天ケニア(もどき)から攻めようとカードを揃えたのですが、さすがにメインはアレなのでサブICにて。

デッキ詳細は、

SR趙雲 SR馬超 R甘寧 UC蔡文姫

舞った時点で3枚になるのでケニアもどきデッキで御座いますw

初戦は荀攸入りのデッキ。
思わず荀攸入り相手だったので叩きのめしてしまいましたが、今から考えると初心者っぽかったですね。ゾイの人とかいたし。
うぅむ。手加減ナシに狩ってしまいました。ゴメンなさい。
でもMax士気6とかホント考えてる余裕ないんですよw
軽くて趙雲の士気4ですから、単発でガンガン使わないとめきょめきょになってしまうのですw

2戦目は何か姜維とかいる蜀単。
早くも試練の刻ですねw
当然のように飛天を舞う蔡文姫。ケニアにしないとサブICで試す意味ないですしw
中盤槍兵処理にすっかり夢中になった挙句に3人まとめて姜維に持ってかれるw
あって良かった再起の法、でどうにか難を逃れ、今度は姜維を意識した立ち回りでどうにか勝利。高武力弓兵はホント使えますねぇ。

3戦目、SR諸葛亮 R馬超 SR趙雲 UC張飛

悲しい時~。どうにか蜀単を突破した次の試合の相手が蜀単だったとき~。orz

ま、まぁ槍兵の数も少ないし何とかなるかな…
ずんずん進軍してくる張飛の後ろでうろうろする騎兵部隊。少しでも張飛の槍を消そうとすれば、その瞬間にぼろくずにされることが確定気味です。

…絶対州クラスの腕前じゃないよこの人orz

とはいえ、悪地形のお陰もあって、どうにか序盤はいい勝負に持ち込みます。

しかし結局3枚八卦2度掛けに押し込まれ落城負け。
無理ゲでした。


と、言う訳で、悶絶!!3色ケニアの結果は2勝1敗となり、予想より全然戦えちゃいました。
まぁホント動かしながらいっぱいいっぱいになるんで、Mの人しか耐えられそうにありませんがw

ちなみに、魏呉型の飛天も同様に試してみたのですが、○×○○×で最後に三色ケニアもどきを仕留めた人とまたぶつかって気力が尽きて終了。

デッキの方は、

UC蔡文姫 UC夏候淵 R孫策 R甘寧 C朱治

で、高武力撤退→再起の擁護者とゆーコンセプトだったのですが最後に槍裏うろうろやられてわかりました。
せめて柵か槍がないとキッツいです。
弓騎馬のみで槍騎馬を相手にするのは無理っぽかったです。


もうちょっと改良が必要そうですね。

あ、ちなみに悶絶デッキはもうやりませんw
飛天なんて普通にやってても疲れるのにあんなのやってられないですwメインに昇格してあげられる自信がありませんw
  1. 2006/10/10(火) 01:00:02|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現ver

バージョンアップに伴い槍単が減ったので、少し立ち回りやすくなったかな、と思いきや、最新勝率いまだに4割です。槍なんか2枚いりゃ十分脅威ですよ。何で槍が伸びるんだ、ホント。
槍撃さえなけりゃぁ…槍撃さえなけりゃぁよぉ…俺は車輪関羽にだって負けやしねぇんだ……こんばんは、葉桜です。

すいません、嘘つきました。関羽相手に槍撃関係ないです。車輪号令はどちらかというとお客さん、こんばんは、葉桜です。

え?何でお客さんかって?私にもよくわからないんですが、恐らく相手にR関羽がいた時点で正攻法を諦めて奇策、搦め手に走るからだと思います。苦手なデッキ相手でも奇策を打ってみると驚くほど思った通りに事が運んだりしますから。


さて、現バージョンに移行が行われてからそろそろ1ヶ月が経つころあいでしょうか。
その割には全国では様々なデッキとぶつかりますね。
いわゆる厨デッキというのがまだ固まっていない感があります。

現在聞こえてくるのは屍デッキぐらいですかね。

しかしそれでも、まぁ私個人の体感ではありますが、屍デッキと当たる確率は10戦したら1回当たるかな~程度なんで前verの大徳なんかより全然少ないですよね。

個人的には鼓舞あたりがガチでヤバいと思ってるんですけど、あんまり使ってる方見ませんし。

verアップ直前ではヤバいヤバい言われてた麻痺矢なんて、まだ1回も当たった事ないですし。

人馬や全突なんかは上位層ではよく見るのですが、槍単と違って騎馬単は誰もが手軽に扱えるものではないですから、流行、とまでは言えませんね。

回りの弱体化によって相対的に厨呼ばわりされてる荀攸は結構見かけますね。でもあれ前verからアレだったし。ダメ計はシューユ砲があれなんだから別に良いと思うんですけどね。
私個人としては、士気7使うんだからそれなりに優秀であるべきだと思ってます。
あ、論点ズレたw
まぁ荀攸も屍よりよく見かけるかな、程度です。

と、まぁこうしてつらつらと考えていると、現verって本当にバランス良いんだなぁ、と感じてしまう訳です。

弓・槍・騎のバランスも凄い整ってますよね。…まぁ象さんがどっかに消えちゃいましたけども。象使いの方は本当にお気の毒ですね。
別に前verで強過ぎた訳でもないのに弓兵強化の為だけに…

前verではサッパリ見かけなかった神速が増えてきたのも良い感じですよね。相変わらず飛天は少ないですけどw
たまに見かけても黒飛さん型の魏袁飛天がほとんどですね。皆、もっと個性を!!…って、飛天挑発使ってる私が言えることじゃないですがw


さて、そんな訳で現在、ちょっと新しい飛天でも使ってみようかなぁ、と目論んでいるのです。
あ、もちろん、『悶絶!!飛天ケニア(もどき)』とは違うデッキですよ?

今目をつけているのは魏呉型の飛天。騎馬並の速度で意地を張る何とかしてくれる人とか、蛮勇どころの騒ぎじゃなくなりそうな小覇王とか、妄想するとすっごい楽しそうですよね。

『そう!!この魏呉飛天には夢がある!!』



お後がよろしいようで…



…え?よろしくない?えっと、まぁアレです。明日あたり試してきますので、次回はそのお話を。

ではでは~。
  1. 2006/10/07(土) 23:40:16|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葉桜

09 | 2006/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。