取らぬカードの皮算用

三国志大戦へたれ君主のブログです。飛天にハマって以来騎馬の扱いヘタなのに使い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新メインデッキ

姉葉と聞くとどうしてもアレハロースを連想してしまう葉桜です。こんばんは。

さてさて、連日大戦をやっているのでネタには困りません。
それでは月曜日の結果をどうぞ。

まずは、これで負けるようなら当分飛天白銀は封印しよう。と背水の陣でメインデッキを。

相手は新SR劉備入りの槍4騎馬1の蜀単。
いきなり天敵です。
どうにか喰らいつこうと奮戦しますが、相性の問題はいかんともしがたく、涙の判定負け。
負けはしたものの、今までの飛天白銀の中ではそこそこのプレイングができました。その点だけは救いです。

そして、この負けで悟りました。私の飛天で現状の三国志大戦をしのいでいくのは無理だと。槍増殖、奮起劉備、鬼のようなラグ。こんな状況で騎馬を使い続けられるのは、余程の腕とこだわりを持った方だけでしょう。私には前者が圧倒的に足りなすぎたみたいです。

ラグと劉備が解決されたら再び会おう、と今のデッキに別れを告げ、戦績が極めて良い蜀4枚デッキに鞍替え。

SR劉備 SR馬超 R姜維 UC陳到

結果は○○○○○×

予想以上に出来る子達でした。
6品に復帰し、そのまま5品昇格戦まで上り詰めます。
何だか、最近5品と7品を行ったりきたりしてる感じですね。勝つにしろ負けるにしろ6品はほぼ素通り状態。不思議です。

昇格戦で戦った相手は34勝16敗というとんでもない勝率の相手。
恐らくはどこかの上品の方のサブICなのでしょう。

デッキは西涼単。
暴虐なる覇道を初体験。思ったより城ゲージ減らないんですね。
素晴らしい騎馬の使い手で、迎撃を一度も取れずに敗北。
ピンポイントで突撃を行う相手のプレイングにただただ目を見張るばかりでした。

こんな腕前があったらなぁ、と思いながら敗北。
負けて悔いなし、です。

何ヶ月も使っていたわけではないのですが、飛天白銀と別れるのは何故か辛かったです。
今までもメインデッキの変更はしているんですけどね…
デッキ自体のポテンシャルは高いのに、それを引き出せなかったのが辛いのかな。
今までの変更はデッキ自体に限界を感じた為でしたから。
悔いが残るので、いつか復活させようと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/29(火) 23:53:50|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝てない勝てない

美味しい美味しいと食べていたもつ煮を友人に、「コンソメパンチの味しない?」と言われました。葉桜です。いや、美味しかったんですよ。ポテトチップスも美味しいし、良いじゃないですか。

さてさて。日曜日のお話です。
物凄い勢いで7品へ逆復帰を果たしたメインIC。
今後どうしていこうか考え所となりました。
そんな訳で手を替え品を替え、やりにやったり11連戦。
さすがに11連戦とかになると勝敗すらも覚えきりません。

ではでは、うろ覚えですがそちらの結果をどうぞ。
まずはメインの飛天白銀で。

○×

初戦の相手はR袁紹入りの賈ク郭図。
賈ク郭図のコンボで開幕を狙い、失敗したら士気を貯め、袁紹or賈クから数の暴力で攻めあがる、といった感じでしょうか。

生憎こちらの兵法は連環の法。
まずは相手の計略を今か今かと待ち続けます。

「責任転嫁!!」
郭図撤退。

………をや?
最初の内は何があったか気付かず、賈クの計略を待っていたのですが、すぐに状況を把握&理解。
よく考えたら7分の2って結構当たりますよね。賈ク郭図って微妙。
まぁ何はともあれ好機です。
全軍攻め上がり、数発攻城も入れ全員引き上げ。

中盤、士気も9まで溜まった所で挑発を使うと、何故か相手が虚誘掩殺の計を。
まだ6残ってるのにそんなん使われても。
と思いながらも遠慮なくどっかんどっかん行かせて頂きます。

その後もよくわからない所で虚誘掩殺の計がもう一度使い、こちらが飛天を舞って挑発を使った時には肝心の士気がないというぐだぐだな展開。まぁ、こちらもそれを見越して計略を使った訳ですが。

結局地力で勝るこちらが順当に勝利。昇格。
久しぶりの勝利ですね。

その後、新SR劉備&旧R関羽にめたくそにされ、終了。降格。

負けはしたものの、勘を取り戻してきた感じです。
いい加減どっかの品で安定したいですね。
7品だけは勘弁ですが。

その後、蜀4枚をもう一度改めチャレンジ。
SR趙雲 SR劉備 R姜維 UC陳到
復活を3枚にし、高回転を目指したデッキです。

××

う~ん。やっぱりダメか。
4枚デッキで総武力26はちと問題ありですね。

やはり最初の蜀4枚が一番良いかな?ということでそちらに戻し再チャレンジ。

SR劉備 SR馬超 R姜維 UC陳到

○×○○○

何だか久しぶりに勝ち越しました。何この清々しさ。
やっぱり勝負事は勝ってこそ、ですね~。

楽しかったのはVSウ吉全面落雷。

Rウ吉 SR諸葛亮 UC馬良 その他 デッキです。

自城以外安息の地がないという素敵デッキ。
4枚以下の少数精鋭デッキとしては天敵の部類なのでしょうが、高回転が売りのウチのデッキでは、士気消費量の多いダメ計デッキはお客様。
計略範囲には常に一人ないし二人(うち一人は復活持ち)までしか入れないように、細心の注意を払って戦い難なく勝利。

ポイントは、計略は常に後出しにすることと、武力差のある序盤の内にある程度まで攻城を入れておくことでしょうか。

さてさて。最近呉デッキをやっていないな、ということで久しぶりに推挙デッキを動かしてみることに。

R孫策 R太史慈 R孫権 UC呂蒙 Cカン沢

○×

こちらもそこそこの結果。
このデッキの本領は推挙再起推挙阿蒙なのですが、何だかんだで普通に戦いがちになってしまうのが難点。
孫策と違って太史慈は意図的に撤退させずらいですし。

さてさて。11連戦のカードの引きはというと…
新カード無し。R,SR無し。

……orz
  1. 2005/11/29(火) 00:25:56|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葉桜

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。